はじめての「大人の歯科矯正」④装置装着後の治療

【2017年4月以降】

両方の矯正装置がついたところで、ゴムかけ矯正も開始されました。

歯茎に小さめのボルトを埋め込んで矯正器具とボルトにゴムをかけたり、

上顎と下顎にかけてゴムをかけたり、

下顎→上顎→下顎と三角形にゴムをかけたり、

ゴムの強さも少しづつ変わって行ったりと、動かしたい場所にいろんな方法でゴムをかけて治療をしました。

1

5cm程度の袋にゴムがたくさん入っています。常に持ち歩くようにしていて、食事の前につけていたゴムを外して食後に新しいゴムに変えます。

ゴムのかける場所や強さによって、すぐに切れてしまう時もあり、1時間に1度程度交換していたときはあっという間に1袋終わってしまいました。

 

1ヶ月に1度の検診でゴムかけ方法や、ワイヤーの強さを調整していきました。

治療方針によっては、ボルトを埋め込む時などに歯茎に麻酔薬を打つので、急にその日のお酒を控えたり、直後の食事を控えたりすることがあるので、検診の後の予定は余裕を持って入れるようにしていました。

また、妊娠中の歯科矯正での部分麻酔ですが、基本的には影響はないとされています。

全身麻酔ではなく、歯茎のごく一部のみですが、心配な場合は、歯科および産婦人科の主治医に相談が必要と思います。私の場合は、影響なく妊娠中も矯正を続けることができました。

 

検診の後は、ワイヤーもきつくなるので柔らかいものが食べたくなり、次の検診直前はだいぶ歯の動きも落ち着いて少し硬いものも食べやすくなるので、お肉などを食べたくなりました。

噛み切れますが、どうしても装置に食べかすが詰まっていくので、楊枝を使ったり、手を口に入れることに抵抗がだんだんなくなっていきました・・・

 

検診の後は大かれ少なかれ歯が動いているなーという痛みを感じるのですが、ちゃんと矯正終了に近づいているような気がして頑張れました。

 

矯正器具はあまり外れないのですが、私の場合、着け歯に器具を装着しているところがあり、普通の歯よりツルツルなのでたまに外れてしまうことがありました。

すぐに病院に連絡すると応急処置をしてもらえる日程を相談でき、とても迅速に対応してもらえたのでよかったです。

 

 

はじめての「大人の歯科矯正」③下顎矯正装置の装着

【2017年3月】

上顎を裏側矯正にして2ヶ月、喋るのにだいぶ慣れてきたところで、下顎も矯正装置を装着しました。

下顎は喋る時にもあまり見ないということで、表側の白い矯正装置を装着することにしました。

1

見た目でいえば、自分で告白しない限り全然気づかれないくらい自然だったようです。

表側なので、舌が当たることはありませんが、食べ物のつまりは裏側矯正より気になります。

唇側に装置がついているので、口を閉じていても開いているような不思議な感覚になりました。

歯磨きは断然、下顎のほうが磨きやすく、食べつまりも目で見てわかるので手入れはしやすかったです。

 

硬いものは食べないようにはしていたのですが、毎日食事をしているとそれなりに負荷はかかるので、徐々に外れていくような感じなようで、全く硬くないフライドポテトを食べている時に外れてしまったりしました。

外れても全く痛くないときと、ワイヤーが出てきてしまいすごく痛い時がありました。

 

しかも、ちょうどこの頃に妊娠初期でつわりが始まったのか、矯正で歯が痛かったのか、全然食欲がわかず食べれない日々が続き、体重がみるみる減っていきました。1ヶ月で5kg近く一気に減量しました。

歯科矯正ダイエットの成功なのか、つわりなのか定かではありませんが、個人的には体重減は嬉しかったです。

(産婦人科の先生もこの時期の減量についてはとくに問題ないとのことでした。)

歯科矯正については気づかれませんでしたが、さすがに5kg減量すると顔まわりが一回り小さくなったようで、痩せたことで周囲に気づかれました。

 

矯正中の必需品、携帯用歯磨きセットですが、私は、アパガード プレミオ トラベルセットの歯ブラシがとても使いやすく、愛用していました。凹凸がしっかりしているのですが、毛は細く、矯正装置隙間の汚れを絡め取ってくれます。大きめのヘッドですが、がっしりと磨けている感じで気持ちが良かったです。

1

http://www.sangishop.jp/shop/item_list?category_id=324133

はじめての「大人の歯科矯正」②上顎矯正装置(裏側矯正)の装着

【2017年1月】

上顎の矯正装置を装着しました。

上顎は歯の裏側につける裏側矯正にしました。

舌が当たって痛く、なかなか思うように話せません・・・

矯正器具に絡まるような食べ物は非常に食べにくいです。

たとえば、白菜、長ネギ、えのき、水菜など。

 

あまり噛まずに食べられる、挽肉を使ったメニューが増えていきました。

ハンバーグ、餃子、麻婆豆腐は非常に矯正中に優しい食べ物です。

1

 

歯が動く感じは痛みを伴いますが、治療が効いている証拠なので頑張ろうと思えました。

 

はじめての「大人の歯科矯正」①親知らずを抜く

【2016年12月】

歯科矯正専門の病院「銀座しらゆり歯科」で治療をすることに決めました。

http://www.shirayurishika.com/

治療期間1年予定です。

上は内側にプラケットを装着、下は外側に白いプラケットを装着予定です。

費用は80万+TAX。

①親知らずを抜く

私の場合、3本あった親知らずのうち、2本はすでにかかりつけの歯医者さんで抜いていたので、歯科矯正の際に抜いたのは1本だけでした。

下顎内に入った状態で、横向きに生えていたので簡単には抜けず、顎の骨を削りながら歯を砕きつつ少しづつ抜いていく大工事でした。予め腫れることは宣告されていましたが、、、すごい腫れっぷりに、食事制限、飲み物制限と生活に支障がでるほどでした。

たとえば、ペットボトルで水が飲めないので、ストローで飲むとか、口が、ストロー1本分しかひらかないからうどんを1本ずつしか食べられない等・・・

1週間の流動食のあと、少し柔らかいもの(カレーや麻婆豆腐)が食べられるようになります。その後も腫れは引かずとも徐々に通常食へ戻せるよう、日々チャレンジ。基本的に1本ずつ抜くと思うので、逆側の歯で食べれば結構いけます。

食べられるようになってからは、腫れてた部分が青タンになり、ちょっとグロテスクな色になります。顎付近なので、ボクシングでアッパーくらったような感じ。私は冬の時期に抜いたので、マスクで隠すことができました。春夏の場合はマスクしにくいので、結構目立つかと思います。

 

麻婆豆腐に担々麺など、咀嚼が簡単なメニューは非常に食べやすいです。

4

 

これから1年ほど、フランスパンや牛タン、ラスク、おせんべいなど硬いものが食べられないと思うと少し切なくなります。。。

 

腫れたあとは痛み止めで痛みは抑えられましたが、腫れには冷やすのが一番いいということだったので、冷蔵庫で冷やした顔面パックを貼って寝ました。腫れてるとそれだけで寝るのもしんどかったです。

冬の時期だったので、マスクで腫れをカバーできましたが、夏場はマスクもできないので次の日休みの日にするなど、抜く日の調整も必要だったのかなと思いました。