エシレ・メゾン デュ ブール (ECHIRE MAISON DU BEURRE) に行ってきた

【2017年9月】

エシレバターの専門店に行ってきました。

三菱一号館美術館と同じエリアにある丸の内ブリックスクエア内に店舗があります。。

メトロの二重橋前駅が最寄りですが、東京駅、有楽町駅からも近いため、歩いてもいける距離です。

2

エシレバターを使用した焼き菓子(フィナンシェやマドレーヌ)やクロワッサン、生洋菓子、クッキーなどを購入できます。

 

限定販売のクロワッサンを購入しました。

平日11:00頃にお店に着くと特に行列もなく、クロワッサンは各種山積みで置いてありました。

オープンしたての頃は混雑が絶えず、クロワッサンもレア商品だったのですが、この日は雨の日だったこともあり、平日のお昼前は並ばずに購入できるようになったのでしょうか。

ただ、この時間でも、すでにバターケーキは完売していました。

 

クロワッサンは1人最大6個までしか購入できません。

クロワッサンは3種類あるので食べ比べをする場合は3種類2個ずつが購入できる最大数です。

 

1

3

みためで違いはわかりませんでしたが、「トラディッション」「50%プール有塩」「50%プール無塩」の3種類。

袋に印字されているので家に帰ってからでもわかりやすかったです。

美味しい食べ方の記載されているメモもいれてくれるので、自宅で温め直して食べました。

 

50%プールはとにかくバターがすごい。1個食べると胃もたれしそうなくらいこってりでした。パンというよりバターケーキのようなお菓子感覚に近いかも知れません。

個人的にはトラディッションがおいしかったです。

温めると美味しく食べられるとのことですが、バターが染みてしまうので少しベチャッとなってしまう印象です。

冷めたままでも十分バターの風味を楽しめるので、温めなくても十分おいしくいただけました。

 

ネスカフェ×全日本ベッド工業会 睡眠カフェ(銀座)に行ってきた

【2017年9月】

2017年9月9日まで銀座で行っていた、ネスカフェ×全日本ベッド工業会 睡眠カフェ(銀座)にいってきた。

以前は別の場所でも開催していたようで、定期的に各地で開催しているのでしょうか。

銀座の博品館の向かいあたりに位置する、CHARISというビルの一室でイベントは行われていました。

1 2

平日3時頃行ったところ、すでに6人程度待っている人がいて、45 分くらい待つとのことでした。海外の方が多い銀座ですが、ここは日本人ばかりでした。

ビジネスマンが多かった印象です。

コースは2種類。「ぐっすりコース」「お昼寝コース」。

3

眠る前に脳波を測定し、眠気具合を測定しました。70%を超えると結構、眠いようです。

4

6

お昼のコースはこのような椅子です。

9

ぐっすりコースは布団にタオルケットと枕が2つありました。

寝る前にコーヒーとキットカットをいただけます。

起きる時間は最大3時間までの間でスタッフの方に伝えると5分前に起こしてくれます。

 

銀座には買い物や歩き回る場所が多くあるので、買い物の途中にもこういった休憩できる施設があるのはといいなと思いました。

ご年配や妊娠中の方も横になれる場所があると出歩きやすいと感じました。

 

オフィス街でもあるので、ビジネスマンが多かったのもうなずけます。

眠気に耐えて仕事をするよりも少し眠ったほうが仕事が捗る気がします。

 

期間限定のイベントなようですが、常設でいろんなところで増えて欲しいと思いました。

CAFE1894 に行ってきた。

【2017年 ランチ】

三菱一号館美術館のミュージアムレストランです。

メトロの二重橋前駅が最寄りですが、東京駅、有楽町駅からも近いため、歩いてもいける距離です。

ミュージアムレストランですが、ミュージアムの入口とは異なっているため、レストランの入口は少し迷いそうです。

1

お手洗いはミュージアムと共同なので、レストラン正面入口ではないのですが、お手洗いの方からならミュージアムからすぐに入れるのかもしれません。

内装は明治時代の洋館のようで高い天井にクラシカルな雰囲気を感じることができます。

美術展とのコラボメニューもあるため、美術館と合わせてくるお客さんも多いようで、1人でもゆっくりと食事をすることができます。

ソファー席もあるので、複数名での利用もできるようです。

平日ランチでしたが、待ち時間1時間程度と人気でした。

名前を書いておけるのと、待つための椅子もたくさん用意されているので、ゆっくりと待つことができました。

2

ランチのリゾットは限定食のため完売していましたが、ナポリタンを注文。

4

スクリーンショット_2017_10_08_16_23

サラダとパンがつきます。

ワタリガニのナポリタンはカニの身がほぐされてなく、甲羅ごと豪快に乗っていました。

とても色鮮やかで美味しいのですが、カニの身はかぶりつく方法しか食べ方がわからず、食べにくかったですが、味はおいしかったです。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13096426/

 

銀座 シェ・トモ (GINZA chez tomo) に行ってきた

【2017年9月 ディナー】

銀座のPOLAビルの上層階にある「銀座 シェ・トモ (GINZA chez tomo) 」でフレンチのディナーしました。

中央通り沿いで、メトロの銀座一丁目駅からとても近い場所にあります。

平日といっても、結構お客さんが入っていました。

フレンチですが、そんなに堅苦しいお店の雰囲気ではなく、常連の年配ご夫婦や合コンっぽいお姉様もいたり、幅広い客層でした。

 

 

野菜が充実しているメニューで、色彩豊かでした。

前菜、メイン、デザートのコースで、前菜とメインは魚と肉を選べるコースでした。

1

メインの前にレストラン一押しのいろんな野菜を調理法や味付けを変えて味わえる野菜プレートが出てきました。一口野菜で説明書きもついてくるので、珍しい野菜や味付けを説明を読みながら楽しめました。

デザートは食材を見せてくれて、そこからインスピレーションを感じた食材を選ぶと、その食材を使ったデザートが出てくるようになっていました。

付け合わせのパンのバターのほかに、肉パテ、野菜パテがあったのも面白かったです。

 

どのメニューも味はもちろん美味しく、視覚や直感などいろんな感覚で楽しめるレストランでした。

高層階なので、眺めもよくワインも多く取り揃えているようで、また行きたいと思いました。

野菜が多めなので、女性うけが良さそうな気がします。

 

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13097935/