ノンアルコールビールをいろいろ飲んでみた。まとめ

妊娠中、授乳中にいろんなノンアルコールビールを試してみています。

①アサヒドライゼロ

6

もともとアサヒスーパードライがすきなのですが、アサヒドライゼロは辛口ビールに一番近いと思います。餃子との相性も抜群。リピートしたいノンアルコールです。

小瓶もあるので、飲食店でも取り扱っている店舗があります。スーパーでもよくみかけるので手に入りやすです。

②アサヒドライゼロフリー

1

すっきりとしていて、香りがとても爽やかです。甘さがないので、食事にあいます。なぜか、柑橘j系ビールのようなさっぱりと鼻に抜けるほろ苦さがあります。私はもともと柑橘系ビールやホワイトベルグなどが好きなので、アサヒドライゼロフリーも結構好きですが、苦手な人もいるかなと思います。たまにスーパーでも売っています。

③サントリーオールフリー

あまり重くなく、飲みやすいです。苦味も少なく、味も薄めで、イメージとしては暑い国のビールのような軽さがあって美味しいです。

小瓶もあるので、飲食店でも取り扱っている店舗があります。スーパーでもよくみかけるので手に入りやすです。

④キリンフリー

2

少し後味が気になりました。あまり苦味がないように思います。

小瓶もあるので、飲食店でも取り扱っている店舗があります。スーパーでもよくみかけるので手に入りやすです。

⑤キリンゼロイチ

7

ロゴがかっこいいです。キリン一番搾りが結構すきで飲んでました。ゼロイチはキリンフリーに比べると苦味が強めでこくがありました。ただこれも後味が気になりました。

小瓶のほうが缶よりも美味しく感じました。不思議です。

小瓶もあるので、飲食店でも取り扱っている店舗があります。スーパーでもよくみかけるので手に入りやすです。

⑥サッポロプレミアムアルコールフリー

4

サッポロビールはエビスなど好きなビールが多いので期待していたのですが、独特の味がしました。どちらかというと重めでしっかりした味がします。

小瓶もあるので、飲食店でも取り扱っている店舗があります。スーパーでもよくみかけるので手に入りやすです。

⑦トップバリュー バーリアル

9

すっきりとしていて軽めです。値段も安いです。価格相応という感じでした。

トップバリューブランドなので、イオン系列のスーパーなどで手に入ります。

⑧コープ シラフ

9

名前のインパクトがすごいです。ビールテイスト風な味がしました。独特の苦味が濃かった気がします。値段は安いです。

コープブランドなので、コープで手に入ります。

⑨日本ビール協会 ゴールドゼロ

少し甘さがあるような気がします。飲んだ感じプレモル風で結構飲みやすかったです。

11

⑩ヴェリタスブロイ

ドイツビールのノンアルコールです。もともとオクトーバーフェストにもいくくらいドイツビールがすきだったので、これは美味しかったです。日本のビールとは少し違いますが、どちらかというとラガーっぽい感じなので飲みやすいと思います。値段も他のノンアルコールビールと同程度の100円くらいです。リピートしたいノンアルコールです。

カルディやオオゼキに売っていました。

31

【参考サイト】

http://www.asahibeer.co.jp/dryzero/

http://www.kirin.co.jp/products/nonalcohol/

http://www.sapporobeer.jp/product/sapporo/premiumalcoholfree/index.html

https://www.topvalu.net/items/detail/4901810819959

http://mdinfo.jccu.coop/bb/shohindetail/4902220011186/psspu:119774

日本ビールとは

はじめての「妊娠中期」。

5ヶ月から7ヶ月が妊娠中期にあたるようです。

このころになるとだいぶ安定感が出てきて、6から7ヶ月には胎動もしっかり感じられるようになってきました。

 

私は前回の流産経験があったのと、社外に出向していたため、会社への報告は5ヶ月に入った段階で上司には行いました。

上司の計らいで、公表は産休前2ヶ月に行うこととし、5ヶ月の段階では直で関わる方のみの報告とさせてもらえました。

多くの方が喜んでくれますが、産休育休と長期間職場を離れることから職場に迷惑をかけることは確かであることを踏まえた上で、慎重に行う必要があり、私のような会社員は一人で仕事をしているわけではないので、上司にしっかり自分の現状と今後の予定を伝えることしかできませんでしたが、きちんと話を聞いてくださる上司で大変助かりました。

 

妊婦健診は6ヶ月(20週)までは1ヶ月に1度程度でしたが、7ヶ月をすぎると2週間に1度になります。

私が妊娠発覚時から健診で通院していた病院ではお産ができないため、お産のできる「東京警察病院」を紹介してもらいました。

東京警察病院でお産をする場合は20週を過ぎたら、健診もこちらで受診することとなっているようで、私は前の病院から紹介状をいただき7ヶ月(24週)転院しました。

http://www.keisatsubyoin.or.jp/shinryoka/sanhu/sanka.html

 

初診の時に、診察と次回の予約をしました。

そのあと、助産師さんから現状の確認や不安なことなどを聞いてくれるカウンセリングのようなものがあり、出産までの流れの説明を受けました。母親学級の予約もこの時に行いましたが、母親学級の多くが平日開催だっため仕事との兼ね合いを見ながら予約をとっていかなくてはいけないのが少し大変でした。

先生も助産師さんも説明をしっかりしてくださり、話もちゃんと聞いてくださるので、安心して受診することができました。総合病院で産婦人科も大きなチームなので、経験も豊富でとても心強いと感じました。

妊娠・子育てと仕事をうまいこと両立していくことの大変さをすでに少しずつ実感しています。

健診のときは1ヶ月先くらいまでのスケジュールを持って、こちらの予定をすぐに言えるようにして受診するとスムーズだと思いました。

 

そして、暑い季節、ビールは飲めませんが、ノンアルコール飲料に助けられています。

1

http://www.suntory.co.jp/non-al/

はじめての「妊娠初期」。

1度、稽留流産を経験しているので、妊娠初期がはじめてかというとそうではないような気もしますが、今回はよく成長できているようなので、改めて「妊娠初期」の様子を書こうと思います。

 

初診に行ったのは、5週4日(2ヶ月)時点でした。

生理が2ヶ月こないな・・・と思ったところで、市販の検査薬で確認したら陽性だったので、産婦人科を受診しました。

受診するまでの2ヶ月を振り返ると・・・・

もともとお酒を飲むのが好きなので、ビール、日本酒などなどたくさん飲んでいました。

 

でも、妊娠発覚後はぱたりと断酒です。

2ヶ月のうち多い日は、ビール小グラスを16杯くらい飲んでたりと結構な暴飲をしていた記憶もあり、少し不安になりましたが、後の祭りです。(時期的に排卵日前なようなきもしますが正確には不明なのでなんとも・・・)

2ヶ月から4ヶ月が妊娠初期にあたるようです。

この間、1週間の海外滞在あり、2日間の北海道旅行あり、4日間の沖縄旅行あり、2日間の高知旅行ありなど結構旅行も行けてしまいました。

どれも、運良く体調がよかったためにできたことだと思います。

 

つわりが始まったのが、6週5日あたりから。

私の場合、「食べたくない」だけのつわりでした。気持ちが悪いから、吐き気がするからということではなく、お腹が空かなく、食べる気が起きない感じです。特定の食べ物はありませんでしたが、主に白米をおかずと一緒に食べることが難しかったです。混ぜごはんや酢飯は食べられるのですが、、、

ただ、同時期に歯科矯正も本格的に開始していたので、その影響もあり硬いものが食べられない制限もあったり、なにが原因で食べたくないのかよくわからない感じもありましたが、水やフルーツ系のジュースで満足していました。

このころから、毎朝飲んでいたブラックコーヒーも飲みたくなくなり、フレッシュジュースが飲みたくなりました。自然に。カフェインを気にしてではなく、とにかく自然に味覚が変わったのでびっくり!でした。

 

また、この本「安心マタニティブック」」を読み始めました。まだ体感できないけど、体内にいる赤ちゃんを少し感じることができました。

1

 

ビアカフェ ブルックスゾット日本橋(ベルギー料理) に行ってきた。

【2016年10月平日ランチ】

1

「ZOT」の看板が目立っていた、

三越前駅直結のコレド室町2(映画館と同じ建物)の2階にあるベルギー料理のレストランでランチ。

平日ランチタイム結構空いてて直ぐに入れました!

2

モンサンミッシェルのオムレツのような、見た目の迫力がすごい。

ふわふわで、クリームソースが濃い味でとてもよく絡んでおいしかったです。

パンと飲み物がつきます。

卵はふわふわですが、結構お腹にも溜まりました。

食べ応えありです。

3

ベルギービールの種類も多そうなのでまた、夜にも行きたいと思いました。

窓際席もあって、解放的な店内でよかったです。