はじめての「結婚式」当日準備@ニューオータニ

【2015年ゴールデンウィーク 挙式】

AM8:00

ホテルニューオータニで色打掛の着付け開始。

和装、和化粧の準備で化粧室に入ります。

この時点で男女別に案内され各自着替えます。

和装の持ち物は、新婦は「肌着、裾よけ、足袋、和装ストッキング」、

新郎の和装の持ち物は「肌着、ステテコ、足袋」でした。都内だと、新宿のルミネエストに「津田家」という着物屋さんがあり全てそろえることができました。

あらかじめ、新郎・新婦で荷物は分けておいたほうがスムーズです。

手荷物は衣装室で、部屋に運んでもらうものと、着替えで必要なものを分けてスタッフさんに伝えます。

新婦は手荷物を持てないので、貴重品は新郎または親族に預けました。新婦の携帯電話や手荷物は小袋にいれて介添えさんも持ってくれました。

新郎は着物の袂に携帯電話くらいは入れられるみたいです。

大金がある場合は事前にフロントに預けておいたほうがよさそうです。

ホテルチェックインは、朝の段階ではできず、後ほど新郎がチェックインをしに行きます。

また、2次会用の現金等はフロントに預けましたが、預けた本人しか受け取れないため、これも新郎が預けて取りに行ってもらいました。

新婦は衣装の関係で基本身動きがとれずフラフラすることはできませんでした・・・新郎に頼りっぱなしでした。。。

《ヘアメイク(和装)》

和化粧は、いわゆる白塗りですが、歌舞伎役者同様の「水化粧」という水におしろいを溶いてハケで顔に塗っていくお化粧をしました。(はじめて!)

ちょっとヒンヤリして気持ちよかったです。

白いとはいえ、隈取りを描くわけではないので、白いけどなるべくナチュラル目に塗ってもらいます。

口紅は真っ赤でした。鏡をみながら我ながら志村けんのさんのバカ殿を連想して少し笑えてきましたが、

水化粧は剥がれやすいので、あまり表情を動かしてはいけないとのことでした・・・

そして、かつらをかぶり、かんざしをつけ、角隠しをつけ完了です。

1

《着付け(和装:色打掛)》

実際の着付けは二人体制であっという間に仕上がります。

帯の締め方や着付け方を覚えようかなと必死に見ていましたが、すごい速さで全然ついていけませんでした・・・

あっと今に着せられて、衣装を身にまとうと一気に結婚式を迎える緊張感に身が引き締まりました。

《新郎と合流し、日枝神社へ向けて出発》

AM10:30頃

ホテルの正面玄関に黒の大きな送迎車が待っていて、踏み台を借りつつ、カツラを気にしながらゆっくりと乗車しました。

送迎付きで本当によかったです。ゆったりした車内で、かつらをかぶったままでも車の天井を気にせずゆっくりできました。

結婚式当日はなかなか新郎新婦2人きりになる時間がないので、車内ではすこし心休まった気がします。

ニューオータニからの介添えさんが同じ送迎車にのって、日枝神社の介添えさんにバトンタッチするまで終始ついていてくれました。

とはいえ、新婦は身動きの取りづらさに困惑している中、新郎は袴なのでスタスタと余裕で歩いていく感じでした。

AM10:45頃

送迎車に揺られながら、日枝神社に到着します。

続きは、、、「はじめての「結婚式」挙式@日枝神社」へ

はじめての「結婚式」挙式@日枝神社

1

《新郎・新婦親族控え室》

新郎新婦・両親は11時集合。

列席者は11時15分集合。挙式見学の友人は11時30分にロビー集合でした。

新郎・新婦それぞれの控え室が用意され、各々別の部屋で待機しました。

徐々に親族が集まってきて、少し歓談する時間がありました。

その後、新郎・新婦のみ庭に出て、写真撮影。

一般参拝客や、海外の旅行客などにも自由に写真を撮られることもあり少し恥ずかしかったです。

庭で2人だけで写真を撮れるチャンスはこの時間だけだったので、結構いろんなショットを撮ってもらえました。

介添えさんが口紅を直してくれたり、歩き方やポージングを結構教えてくれたのでその後の動きがスムーズになりました。

色打掛は布団を背負っているようなので、重たく身動きがとりにくかったですが、

着物の持ち方が慣れてくればうまく歩けるようになりました。

ここで、早めに集まってくれた友人ともお庭で撮影することができました。

《親族紹介》

新郎側、新婦側で親族が分かれて着席します。

その後、自己紹介をしていくのですが、式場から特にどのような内容を紹介するかは言われませんが、新郎新婦との続柄と名前を述べた様な気がします。

自己紹介はあっという間に終わるので、巫女さんが迎えに来るまでは自由撮影時間。家族で写真を撮ったり歓談したりでした。

《参進》

巫女さんが迎えに来てくれて、本殿に向かいます。

晴れていたので、庭に面した回廊を歩き庭に出て正面から本殿にいきました。

雨の場合は、会館から渡り廊下で本殿に行けるため、外を歩かずに行くことができるとのことでした。

《挙式》

血縁のある親族のみ上がって参列できますが、友人も下段から式に参加することができます。

友人が式に参加できる神前式は少ないかもしれません。確か、明治神宮は親族のみで挙式を行い友人は参進のみ見れる感じだったと思います。

写真撮影は本殿内部は日枝神社のカメラマンのみ可能です。

この制限があったため、カメラマンは日枝神社で依頼しました。

動画撮影は本殿備え付けのビデオカメラでのみ可能とのことでしたので、頼みませんでしたが、

思い出としてはあってもいいのかなとも思います。

新郎新婦は、介添えさんや神主さんの指示に従って立ったり座ったりするだけなので、特に難しいことはありませんでした。

新郎が誓詞を読むことは事前に知らされていましたので、ここ一番の場面で失敗しない様に祈るばかりでした。

雅楽の生演奏で巫女さんの舞を目の前でみることができたり、神前式ならではの雰囲気を味あわえました。

(結婚式次第は日枝神社HPで確認できます。)

《スタジオ撮影》

本殿から直結している、日枝神社内のスタジオで、親族集合写真と和装のスタジオ写真を撮りました。

 

《式が終わってから・・・》

親族はあらかじめ準備していたタクシーで披露宴会場(ニューオータニ)へ移動してもらいました。

私たちは一旦、日枝神社の控え室に呼ばれ、記念品などを受け取りました。(写真のお花以外です・・)

33

 

 

 

 

はじめての「結婚式」概要

【基本情報】

<時期>2015年5月GW

<挙式スタイル>神前式

<式場>赤坂 日枝神社

<披露宴会場>ホテルニューオータニ(ラピス L)

(親族のみでの披露宴のため総勢23名規模、新郎新婦含む)

<二次会会場>ホテルニューオータニ(AZALEA)

(総勢80人規模)

<カメラマン>日枝神社にて手配(挙式から二次会まで)

<着付>ホテルニューオータニ(和装1着+ドレス1着)

【挙式当日の状況】

<挙式時間>12時〜(親族集合11時15分)

<披露宴時間>14時〜

<二次会時間>18時〜

詳細については、各ページで紹介していきます。