はじめての「出産」 東京警察病院にて ③入院中

【2017年9月】

③入院中

個室と大部屋(4人)が選べますが、大部屋を希望していました。

5日間の入院でしたが、退院日前日に1名入院されてきただけで、それまでは大部屋に1人でした。

大部屋には、着替えなどを入れる大きめなロッカー、トイレ、洗面台、があり、

ベッド周りには袖机と冷蔵庫、テレビ、照明、コンセントがありました。

シャワー室は予約制となっており、当日に時間を取りにナースセンターに行きます。

 

貴重品の管理は、病室に貴重品を入れるロッカーが袖机にあるのでその鍵を基本持ち歩きます。

分娩時やお風呂に行く時や講習を受ける時などに使用します。

とても小さなロッカーで長財布もはいりません。小銭入れと携帯電話と自宅の鍵をいれたらいっぱいになる程度の大きさ。

普段長財布を使用していたので、急遽、小さめの財布を家から持ってきてもらいました。

 

産後の入院は赤ちゃんに問題がなければ、出産当日から母子同室が可能です。

母体の回復状況にもよるので、赤ちゃんを預けたい場合は、もちろん預けることも可能です。

入院中、初めての授乳の不安や赤ちゃんの粗相で着替えが必要になることもありましたが、

授乳室がほとんどの時間開いており、助産師さんもすぐに対応をしてくださるので、

夜中に赤ちゃんが泣きやまない時や、授乳に不安がある時にすぐに授乳室に行きました。

授乳室では、搾乳もできました。いくつかのメーカーの搾乳器があるので色々試すこともできました。

 

産後の食事のうち、1回、お祝い膳が出ます。

赤ちゃんピーポークンのイラストが書かれていたところが警察病院らしいなと思いました。1

4

5

入院中の食事はカロリーコントロールされているので、基本的にはお見舞いで差し入れされたものは食べないようにしていました。

食事はバースクリニックのような豪勢なものではないですが、2種類から選べて、普通に美味しかったです。

白米の量が多くなかなか食べ切れませんでしたが、母体に必要な栄養素やボリュームがわかりました。野菜がたっぷりでした。

2

 

入院スケジュールは、午前中に赤ちゃんの検診と沐浴があり一時的に助産師さんに預け、午後に一般の面会時間がありました。

5日間の入院で授乳講習や沐浴講習があるので、結構忙しかったりします。授乳もひっきりなしなので常に何かしている感じで、午前中に少し寝れるかな・・・程度でした。

 

入院中に赤ちゃんの授乳回数、排尿排便回数を記録するのですが、これは退院後の授乳目安にもとても役に立ちました。

 

赤ちゃんの身の回りのものは全て病院で用意されているので、退院の用意だけだったので荷物も楽でした。

帰りに、使用途中のオムツや授乳クッションなど使用した一式を持ち帰るので、荷物が増えましたが、退院後の家での生活にとても役に立っています。

はじめての「出産」 東京警察病院にて ②出産

【2017年9月】

②出産

陣痛が始まると、分娩用のパジャマに着替えて、分娩室に持っていくものを準備して、助産師さんと分娩室(LDR)に向かいます。

分娩室に持っていくものは、

入院セット

飲み物

ロッカーの鍵

携帯電話

貼るホカロン

タオル

ヘアゴム

めがね

あたりだったと思います。陣痛が痛すぎて持ち物を判別する余裕もあまりなく、せっかく持って行っていたミラーレスカメラは分娩室に持って行きそびれました。(幸い、主人が1眼レフを持ってきてくれたのでよかった。)

 

LDRはバースプランどおりにアロマが香っていました。

分娩室のベッドは少し高めですが、体位を変えることは全然できました。

ナースステーションからも近いので、すぐに看護師の方がきてくれます。

陣痛に耐えるために、とにかく吐く呼吸に集中しました。

痛い場所に空気を送って抜ききる感じで痛みを逃していきました。

妊娠中もヨガに通っていた成果がここで発揮されるとは思っていませんでしたが、呼吸法やいろんな体位でのバランスの取り方を知っていてよかったと思いました。

それでも、最後、腰より下の部分に痛み移った時にはうつ伏せになったりホカロンを腰に貼ってもらったりしました。

陣痛の状態や立会いの人への連絡は私は結構元気な方だったので、私から主人と実母に連絡を取っていました。

 

腰より下の痛みが強くなったところで、助産師さんと主人と実母が立会いのもと、いよいよ出産となりました。

 

出産時の体位は仰向けです。

分娩台を使用するので、仰向けで足がかなり上まで上がる印象でした。

はじめは力の入れ方が少し難しかったです・・

出産時はとにかく助産師さんの話をよく聞いて、タイミングにあわせていきみました。

とてもわかりやすく落ち着いた助産師さんだったので安心して産むことができました。

 

産後すぐ、カンガルーケアという赤ちゃんを母体の胸に抱くことができました。

生まれてきた赤ちゃんは白い帽子をかぶり、様々な検査を受けます。

ちなみに、LDR内での撮影は助産師さんやスタッフさんが映らないように注意してであればOKでした。

産後2時間ほど分娩室でゆっくりした後、病室へ戻りました。

 

出産前にやっておいてよかったこと

・ヨガ

お腹が大きくなるとできない動きもありますが、ヨガスタジオで呼吸を整えたり、できる動きを取捨選択して行うことで、自分の動ける範囲をじっくり確認することができました。

鼻呼吸、腹式呼吸の使い分けはとても役にたちました。

2

 

・会陰マッサージ

会陰マッサージは母親学級で事前に教えられていました。出産時に会陰を切ることが多く、その傷が痛くて椅子に座るのもトイレに行くのもしんどいと言うことを聞いていたので、会陰マッサージをしていたところ、会陰切開せずに出産することができました。

 

1

 

http://www.keisatsubyoin.or.jp/shinryoka/sanhu/sanka.html

はじめての「出産」 東京警察病院にて①お産まで

【2017年9月】

「妊婦健診」

東京警察病院の妊婦健診はここで出産をする妊婦さんしか受け入れていません。

私は、もともとお産のできない最寄りの産婦人科で経過を観察しており、20週を過ぎた頃から警察病院に紹介状を書いてもらい転院しました。

転院後は産科医と助産師の検診を定期的に受けました。

初回の検診で、マタニティテキストという冊子をもらい、これに警察病院でのお産までの流れが一通り書いてありました。母親学級のテキストでもあり、出産に関する一通りの情報(栄養面、心理面、身体面)が網羅されえているので1冊読めば大体のことはわかります。

印象としては、警察病院は妊婦特有の疾患の検査などを結構多く実施してくれます。

妊娠性糖尿病の血液検査もあります。前の日の夜9時以降絶食となるのは妊娠中は結構きつかったです。採血も最大6本だったかな。

妊婦健診は予約制で、検診の時に先生と話しながら次回の検診日を予約します。

エコーは2Dで、2回に1度の撮影です。エコー写真は言えばもらえます。エコーの時は主人といくと一緒に画面を見せてもらえました。

私はギリギリまで仕事をしていたので、検診の時は1、2ヶ月先のスケジュールを持って行くようにしていました。

予約をしていても、なかなか順番が来ない時やとてもスムーズに進む時がありました。

なるべく朝一番の予約を取るようにしていましたが、検査が多い日は午前中いっぱいかかってしまうこともあったので、1日休みを取って検診に行っていました。

産科の先生は何人かいらっしゃるので、必ずいつもの先生が診てくれるとは限りませんが、どの先生も親身に話を聞いてくれて、現状の説明もしっかりしてくれるので安心できました。順番を焦ってる様子もなく、不安なことや困っていることを先生と助産師さんがちゃんと聞いてくれて嬉しかったです。

 

「母親学級」

母親学級が3回ありました。主に平日に開催されるため会社員にとっては少し辛いです。

栄養面について、お産までの過ごし方と準備の仕方、お産の仕方、立ち会い出産の仕方、バースプランの立て方、アロマセラピーについて、リーブ法について、、、など、助産師さんが講師となって様々なことを教えてくれました。

 

3回の母親学級のうち1回は立ち会い出産用の学級になります。出産に立ち会う人はこの学級に出席しないと夫であっても実母であっても立ち会うことはできません。

お産までにバースプラン(どのようなリラックス法を用いて出産したいか)を考えてあらかじめ産科に伝えておくのですが、お産の時にアロマを炊いてくれるとのことで、アロマセラピーを使ったリラックス法の講義もありました。

リラックス法については、リーブ法といって「ソーーーン」という呼吸法を推奨しています。吸うより吐く呼吸を意識的に行うような感じです。

 

「アロマセラピー」

妊婦と産褥婦はアロマセラピー外来を受けることができます。特定日に予約制なのですが助産師さんが施術をしてくださるのでとても安心です。私は出産前に利用しましたが、出産にあたり不安なことを助産師さんに聞きながらマッサージをしてもらいました。入院時の持ち物とかむくみ具合など色々と相談に乗ってもらえました。

施術は40分ですが、問診や着替えをあわせると1時間程度です。妊娠中のマッサージや初めて行くサロンのマタニティマッサージは少し抵抗があったので、病院でしかも助産師さんがやってくださるのはとても安心感がありました。気持ちよかったのと、バースプランで使用したいアロマオイルを決めることもできたのでよかったです。

予約がとりやすく、お手頃価格で、なにより妊娠中のマイナートラブルがあるなかでもリラックスできるのがよかったです。

ちなみに、私が妊娠中にすきになったアロマはオレンジ・スィートです。

柑橘系は万人受けする香りの一つですが、とてもリラックスすることができました。

ラベンダーもリラックス効果が高いのですが、立ち会い出産で主人も一緒に立ち会うことを考えると柑橘系が無難な気がしました。

妊娠中は特に成分など気になりますが、メディカルアロマで使用するような高度精油であれば問題ないと思われます。お値段ははりますが。。。

1

東京警察病院 産婦人科HP

http://www.keisatsubyoin.or.jp/shinryoka/sanhu/sanka.html

プラナロム社エッセンシャルオイル

http://www.pranarom.co.jp/archives/oil/p-47/

 

 

はじめての「妊娠後期」。入院・産後準備

私の妊娠後期は8ヶ月〜9ヶ月までで、正産期1週間前に出産を迎える早産となりました。

8ヶ月以降、お腹はどんどん大きくなりました。

無意識のうちにそり腰体勢になっているようで下半身のむくみがとてもひどくなり、足が痛くなるほどでした。

お腹はポカポカなのに鼠蹊部はお腹に圧迫されてとても冷たくなっていました。

あまり激しい動きはしないリラックスヨガで股関節周りを動かして温めたり、お風呂につかって温めるようにしていました。

 

この頃までには、出産後の準備はほぼ完了していました。

まず、入院セット。東京警察病院で事前に渡されたリストに沿って準備しました。

1

5日分なのでボストンバック2つ分程度の荷物量でした。

(産後の体調がわからなかったので衣類は洗濯しない前提で多めに持って行きました。)

リストにあるものは全て持って行きましたが追加で持ってったもの、あまり使わなかったものをまとめておこうと思います。

【追加で持って行ったもの、便利グッズ】

・コップ←洗面ロッカーが狭いのでコップに歯磨きなどをたてて置いていました。

・お風呂セット(シャンプー・リンス・ボディソープ、バスタオルなど)←着替えも全部入れて斜めに掛けられるビニールバック(プールバック)みたいなものがあると両手が空くので便利。

・置き時計←授乳時間やオムツを替えた時間を記録することになるのですぐに時計が見えると便利でした。

・貼るホカロン←陣痛中に出た腰痛に貼って痛みを和らげました。

・母乳パッド←吸われ慣れていない乳首は洋服の擦れで痛むので痛み緩和にも役立ちました。

・トコちゃんベルト産後用

・特大ナプキン

・筆記用具

・退院用の服

・着圧靴下(きつめ)←警察病院で1つは支給してくれますが、つま先がないメディキュットのようなタイプなので、着圧靴下だと脱ぎ履きが1度で済むので産後の腰にも優しいです。メディキュットがあっても良いかも。

・おくるみ←しっかりめのおくるみを買って置いたので、首が座っていない新生児の退院でも支えがしっかりしていて安心でした。

・ベビードレス

・ランドリーバッグ←家に持って帰って洗濯をお願いしていたので、あらかじめ仕分けた状態でランドリーバックにいれてそのまま洗濯できるようにしていました。産褥パンツは強力なマジックテープがついているので洗う時はネットに入れないとほかのものとくっついたら大変です。

 

【あまり使わなかったかも】

・授乳用ブラ←使い慣れていないと不便。ユニクロのカップインキャミでも十分な気がします。

・授乳用のタオル←1つも使わずにかえってきたので、タオルも日常で使う分だけあれば十分でした。

 

 

そして、ベビー用品の準備。

・ベビーベッド(組み立て済み)

・最低限のベビー服

・ベビーカー

・抱っこ紐

・沐浴セット

・ベビードレス(退院用の洋服)

・おくるみ

 

早産となったため、本当に準備していて良かったと思いました。

早めの準備があったおかげで、産休に入って1週間で産休前にやろうと思っていたことはだいたい完了させることができました。

産休にはいってまずしたのは、保育園見学可否の電話問い合わせです。

特に認可外保育園にたいして問い合わせを実施し、見学&入園予約をしてきました。

そして、とにかくたくさん歩くこと、一人でしかできないことをやっておくということで、平日昼間に行けるところにでかけて歩き回りました。

とはいえ、お腹もだいぶ大きいので無理は禁物です。

夕方頃には横になって少しお昼寝をするようにしてゆっくりする時間も作りながらマタニティライフ後半を楽しんでいました。

 

はじめての「妊娠中期」。

5ヶ月から7ヶ月が妊娠中期にあたるようです。

このころになるとだいぶ安定感が出てきて、6から7ヶ月には胎動もしっかり感じられるようになってきました。

 

私は前回の流産経験があったのと、社外に出向していたため、会社への報告は5ヶ月に入った段階で上司には行いました。

上司の計らいで、公表は産休前2ヶ月に行うこととし、5ヶ月の段階では直で関わる方のみの報告とさせてもらえました。

多くの方が喜んでくれますが、産休育休と長期間職場を離れることから職場に迷惑をかけることは確かであることを踏まえた上で、慎重に行う必要があり、私のような会社員は一人で仕事をしているわけではないので、上司にしっかり自分の現状と今後の予定を伝えることしかできませんでしたが、きちんと話を聞いてくださる上司で大変助かりました。

 

妊婦健診は6ヶ月(20週)までは1ヶ月に1度程度でしたが、7ヶ月をすぎると2週間に1度になります。

私が妊娠発覚時から健診で通院していた病院ではお産ができないため、お産のできる「東京警察病院」を紹介してもらいました。

東京警察病院でお産をする場合は20週を過ぎたら、健診もこちらで受診することとなっているようで、私は前の病院から紹介状をいただき7ヶ月(24週)転院しました。

http://www.keisatsubyoin.or.jp/shinryoka/sanhu/sanka.html

 

初診の時に、診察と次回の予約をしました。

そのあと、助産師さんから現状の確認や不安なことなどを聞いてくれるカウンセリングのようなものがあり、出産までの流れの説明を受けました。母親学級の予約もこの時に行いましたが、母親学級の多くが平日開催だっため仕事との兼ね合いを見ながら予約をとっていかなくてはいけないのが少し大変でした。

先生も助産師さんも説明をしっかりしてくださり、話もちゃんと聞いてくださるので、安心して受診することができました。総合病院で産婦人科も大きなチームなので、経験も豊富でとても心強いと感じました。

妊娠・子育てと仕事をうまいこと両立していくことの大変さをすでに少しずつ実感しています。

健診のときは1ヶ月先くらいまでのスケジュールを持って、こちらの予定をすぐに言えるようにして受診するとスムーズだと思いました。

 

そして、暑い季節、ビールは飲めませんが、ノンアルコール飲料に助けられています。

1

http://www.suntory.co.jp/non-al/

はじめての「妊娠初期」。

1度、稽留流産を経験しているので、妊娠初期がはじめてかというとそうではないような気もしますが、今回はよく成長できているようなので、改めて「妊娠初期」の様子を書こうと思います。

 

初診に行ったのは、5週4日(2ヶ月)時点でした。

生理が2ヶ月こないな・・・と思ったところで、市販の検査薬で確認したら陽性だったので、産婦人科を受診しました。

受診するまでの2ヶ月を振り返ると・・・・

もともとお酒を飲むのが好きなので、ビール、日本酒などなどたくさん飲んでいました。

 

でも、妊娠発覚後はぱたりと断酒です。

2ヶ月のうち多い日は、ビール小グラスを16杯くらい飲んでたりと結構な暴飲をしていた記憶もあり、少し不安になりましたが、後の祭りです。(時期的に排卵日前なようなきもしますが正確には不明なのでなんとも・・・)

2ヶ月から4ヶ月が妊娠初期にあたるようです。

この間、1週間の海外滞在あり、2日間の北海道旅行あり、4日間の沖縄旅行あり、2日間の高知旅行ありなど結構旅行も行けてしまいました。

どれも、運良く体調がよかったためにできたことだと思います。

 

つわりが始まったのが、6週5日あたりから。

私の場合、「食べたくない」だけのつわりでした。気持ちが悪いから、吐き気がするからということではなく、お腹が空かなく、食べる気が起きない感じです。特定の食べ物はありませんでしたが、主に白米をおかずと一緒に食べることが難しかったです。混ぜごはんや酢飯は食べられるのですが、、、

ただ、同時期に歯科矯正も本格的に開始していたので、その影響もあり硬いものが食べられない制限もあったり、なにが原因で食べたくないのかよくわからない感じもありましたが、水やフルーツ系のジュースで満足していました。

このころから、毎朝飲んでいたブラックコーヒーも飲みたくなくなり、フレッシュジュースが飲みたくなりました。自然に。カフェインを気にしてではなく、とにかく自然に味覚が変わったのでびっくり!でした。

 

また、この本「安心マタニティブック」」を読み始めました。まだ体感できないけど、体内にいる赤ちゃんを少し感じることができました。

1